インタビュー

社員インタビュー

自分の手で、0を1に

2018年入社

山科 りさ Risa Yamashina

アウトソーシング事業部


2018年入社。新卒で人材派遣会社に入社後、ACG へ転職。現在はアウトソーシング事業部で営業職。持ち前の明るい性格で、社内のムードメーカー的な存在に。休日は美味しい魚を求めて旅行に行くのが楽しみ。先日は東京から金沢へ足をのばし、「のどぐろ」に舌鼓を打ったという。

より直接的に、お客さまの経営に貢献したい

「市場価値の高い人材になりたい」これは私が学生の時から意識している目標です。新卒で入社したのは人材派遣会社。人と企業、人と社会を繋ぐ仕事を通じて、人手不足で悩んでいる企業に貢献でき、日本の社会問題に立ち向かうことができる。とてつもなく大きなスケールで成長できるのではないかと期待して飛び込みました。

実際にクライアント先で経営者とお話をすると、企業によって抱える経営課題は本当にさまざま。当然ながら、人の採用だけでは解決できない企業課題にも直面します。もっと私がお役に立てることはないのかと、もどかしく感じるようになってきた頃、「うちでもっと大きな仕事にチャレンジしてみないか」と声をかけてくださったのが、かねてから慕っていた大学時代の先輩でした。「ACGなら人材事業に留まらず幅広い視点で企業の経営課題を解決していくことができるよ」という言葉が心に刺さり、迷いもなく転職を決意しました。

ACGの「これから」を創れる醍醐味

アウトソーシング事業部の仕事は、企業様と求職者の方々を繋ぐ「コーディネーター」。求職者には魅力ある仕事をアテンドし、クライアント企業様には人材面の課題を解決する役割を担います。

しかしながら、ACGの魅力は、アウトソーシング事業のみで完結させるのではなく、建築やITなどのソリューション事業、さらには資金面においても企業のニーズに応えられるリソースがあること。「ヒト」「モノ」「情報」「金⇒資金」をワンストップで提供できるからこそ、企業様が抱える本質的な課題へ踏み込んで、新たな価値を提供することができます。

各事業部のシナジーをどのように発揮して会社を成長させていくか。今はまだ手探りで模索しているところですが、ACGだからこそ実現できるビジネスの形があるはず。仲間とブレストを重ねている日々に、面白みを感じているところです。

ゆくゆくは事業を支える中心的存在になり、クライアント企業様からも、社内からも頼られる人になりたい。「市場価値の高い人材になりたい」という以前からの想いは、漠然としたイメージからリアルなイメージへと変わりつつあります。

Copyright© 2020 ACG Co.,Ltd,. All Rights Reserved.