インタビュー

社員インタビュー

何より、ACGの“人”に惹かれて

2018年入社

黒須 大志 Taishi Kurosu

ITソリューション事業部


2018年入社。新卒でIT会社に入社後、ACG へ転職。刺激しあえる仲間とともに、「新しい価値を生み出したい」と、熱い志を持ちながら活躍している。仕事の後の飲み会がモチベーションの源。ポジションや年次の垣根を越えて本音のコミュニケーションを交わす時間が何より楽しいと話す。

突き動かす「何か」を求めて

世の中を一気に変える革新の底力をもち、自分がやりたいことをスピード感持って取り組むにはベンチャー企業がいいと思い、勢いのあるIT企業に就職しました。「結果がわかりやすく見える仕事がしたい」という思いから営業職を志望。実績もあげ、評価され、関わったサービスが次々と世の中に出ていくことにやりがいも感じていましたが、何か物足りない。それが何か分からず悶々と仕事に打ち込む毎日でした。

そんな時、たまたま参加した異業種交流会で、ACGの社員の方に出会いました。あの時の衝撃は忘れられません。短い時間でしたが、いろいろとお話を聞く中で、その方の仕事への情熱と信念に気持ちを鷲づかみされたのです。「こんなにパワー溢れる人と仕事ができたら、どんなに楽しいだろうか」。そう思った時、物足りない「何か」は、刺激を与え高めあえる「仲間」だと気づいたのです。転職を決断するまで時間はかかりませんでした。

尊敬できる仲間と共にクライアントの課題を解決していく

ACGに入社して配属となったのはITソリューション事業部。システム開発などのニーズを持つ企業に対し、エンジニアスタッフによる支援のご提案を行っています。現在担当しているのは、クライアント・サーバ型での業務アプリを、より使いやすくバージョンアップしようというプロジェクト。技術革新が進んでいなかったアプリのため、前職で培った知識・経験を活かしてご提案することができ、顧客からも大きな信頼をいただけています。

日々、経営層と近い距離で仕事ができるのも嬉しい環境です。資料報告などで社長と直接話す機会も多く、まだまだ緊張してしまうこともありますが、若手の意見にも積極的に耳を傾けてくださるので、自分なりの意見を伝えられるように心がけています。

ACGはITソリューション事業部だけでなく、人材(アウトソーシング)や建築など業種を超えた事業部があり、通常、複数企業で取り組まなければならないようなクライアントの課題にワンストップで解決することができます。週1回、事業部横断で行うミーティングでは、互いの強みをどう発揮していくか、皆でアイデアを昇華させながら戦略を築く場になっています。右を見ても左を見ても、ACGでは自分の色を出して働いている人ばかり。私にとってこの会社の魅力は、そんな社員の方々と働けることにあります。

Copyright© 2020 ACG Co.,Ltd,. All Rights Reserved.